Alma de Flamenco Hoy

Studio Alma de Flamenco大阪校2020年1月からの新スペイン人講師

確かな実力と陽気なあのバネッサ、再び!

スペイン企画が自信を持って招聘する次期講師は、アルマ・デ・フラメンコでは大阪校・福岡校共に複数回来日、確かな実力と気さくで陽気な人柄で人気を得るベテラン講師バネッサ・モンテロです。現在、兼ねてから憧れだったアンダルシア地方・グラナダに居を構え、フラメンコの本場の空気を体いっぱいに吸収しながらアーティスト活動に磨きをかけているバネッサの情熱のレッスンをぜひご期待ください!


新規開講クラス
現在調整中です。また決まり次第お知らせいたします。


Vanessa Montero

【大阪校】(バネッサ・モンテロ)
*指導期間:2020年1月初-4月末
Profile
マドリード出身、9歳よりダンスを習い始め、ベレン・マジャ、カルメン・グレコ、マヌエル・デ・ロス・レージェス、ラファエーラ・カラスコなど、フラメンコ界の著名アーティストに師事。スペインの「トーレス・ベルメハス」「フグラル」「ロス・タラントス」といった有名なタブラオへ出演しながら、マリア・カラスコ舞踊団のメンバーとしてパナマ共和国ツアーに参加“アル・コンパス・デ・ロルカ”の作品に出演。2008年にはスペイン・グラナダで行われた音楽祭“ムヘレス・エン・エル・メディテラーネオ”にて「ラス・モニカス」舞踊団の一員として出演。他コンテンポラリーやクラシックなど、他ジャンルのダンスも習得し、「カルメン・アマジャ」アカデミーにおいてフラメンコ講師を務めるなど世界各国で豊富な出演歴と指導歴をもつベテランのアーティスト。
アルマ・デ・フラメンコでも、大阪校、福岡校共に複数回来日、確かな実力と気さくで陽気な人柄で人気を得る。日本語も堪能。
現在、大好きなグラナダに居を構え、アーティスト活動を行っている。

*赤いドレスを来てアンダルシアの広大な大地を舞台に踊っているのがバネッサです。

関連記事

PAGE TOP