Alma de Flamenco Hoy

【大阪校】2021年1月〜新スペイン人講師紹介

Sara Ramos(サラ・ラモス)

(講師招聘期間:1月〜5月上旬)新型コロナウイルス感染拡大のためスペインを含む欧米からの日本入国には正式な就労ビザを大前提として、出国直前のPCR検査(抗原検査)が陰性であること、入国後の2週間の待機、管理等様々な義務が課せられています。スタジオではその全てをクリアして安全に招聘を行います。そのため、現在のところ大晦日に日本到着、そこから2週間の待機を経て1月14日(木)以降レッスン開始を想定しています。ただし、情勢等より日程は変更する可能性があります。


1月のクラススケジュールは近日中に公開いたします(1月3週後半〜開始予定)


Sara Ramos

Profile
マドリッド生まれ。5 歳でバレエを始め、ボレロ、古典やフラメンコなどあらゆるダンスをコンセルバトリオで学び始める。15 才で、マドリードの王立音楽院でプロフェッショナルスペイン舞踊を専攻し優秀な成績で卒業。 さらにフラメンコアーティストの登竜門「アモール・デ・ディオス舞踊学校」で偉大な講師らに師事した後フラメンコ発祥の地セビージャに住まいを移しプロとして活動を始める。 「ハビエル・ラトーレとコンチャハレーニョ舞踊団」にてアジアツアーに参加。その後「インマグラダ・オルテガ舞踊団」にて「フラメンコアロマ」という作品に参加。 近年、マドリードでの有名な振付コンクールのファイナリストに残る。さらに、舞台芸術のアルコ・ベンダス、アルカラ・デ・エナーレスの若手クリエイターと共に振り付けを担当、いくつかのコンクー ルにてファイナリストに残り、その実力を認められる。 現在、マドリードにて独自の創作作品を発表し続けている。「永遠」という作品ではスペイン の全土と海外公演を果たし、フラメンコ舞踊団「ラケル Novellón」では振付師として他の芸術とのコラボレーションを行い好評を博す。フラメンコに限らず 他のジャンルの踊りや、演劇にも興味を広げ現在鋭意フラメンコに根ざしたクリエイティブ活動を盛んに行っている。

Sara Ramosインスタ

舞台の動画

レッスン動画

PAGE TOP